逆SEOは、何に費用がかかるのか

逆SEO対策というサービスは、多くの人が想像している以上に、 料金の費用がかかる場合が多いです。 逆SEO会社に見積りを依頼すると、 思っていた以上に高い金額になり、 戸惑いをおぼえる方もいらっしゃいます。 一体、逆SEOにはどんな費用やコストがかかるのでしょうか?

コストの内訳は?

主なものには費用は以下のものがあります。

■ コンテンツ代金

逆SEOの対策を行ううえで、 最も重要なものが「コンテンツ」です。 グーグル(Google)や検索ユーザーから支持されるコンテンツを作成することが、 逆SEOの成功には欠かせません。

企画力・独創力・構成力

優れたコンテンツ(文章)を書くためには、高度な「知力」が必要となります。 検索エンジンが求めるオリジナリティを発揮するための企画力・独創力・構成力も求められます。 残念ながら、経験の浅いライターでは、これらの要件を十分に満たすことができない場合が多いです。

■ 人件費・教育費

コンテンツ以外でも、様々なマンパワーが必要になります。 例えば、SEOエンジニアリングです。 逆SEOには、SEOよりも高い技術が求められます。 このため、人材面でも超一流の技術者を集めることが、成功の条件になります。

専門の人材を育てる

何よりも大事なのは、逆SEO専門の人材を育てることです。 人材育成には、長い年月がかかります。 それは逆SEOという事業が、 難易度の高い専門的な領域に属するためです。 また、サービスの内容が極めてセンシティブです。デリケートです。 おかしな対策をすると、炎上しかねません。 このため、慎重かつ丁寧で、熟練の大人らしい高度な判断ができる人材が欠かせません。

■ インフラ

逆SEOを行うためには、特殊なインフラを整備することが欠かせません。

サーバー代

サーバーは、IPアドレスが大きく異なる分散型サーバー網を整備します。 高度な分散型サーバー網には、維持・管理のために相応のコストがかかります。

ドメイン代

難易度が高い逆SEO対策を実施するときには、 有力なドメインが必要になります。 有力なドメインを取得・使用するためには、1個あたり数万円以上のコストがかかります。

■ 業者によっては、広告費をかけている

逆SEO業者によっては、 お客様を集めるために、 一定の広告費を費やしています。

グーグル(Google)やヤフー(Yahoo)へのリスティング

その一つが、グーグル(Google)やヤフー(Yahoo)などの検索サイトに表示させる広告です。 検索サイトへの広告の出稿は、「リスティング」と呼ばれます。 例えば、「逆SEO対策」などのキーワードで検索したときに、 広告として逆SEO業者のホームページへのリンクが表示されることがあります。 これは有料広告なので、 検索利用者がクリックするたびに業者はお金を支払う必要があります。 これが、最終的には逆SEOビジネスを行う上でのコストとなります。

ツイッター(twitter)やフェイスブック(Facebook)などのSNS

このほか、ツイッター(twitter)やフェイスブック(Facebook)、インスタグラム(Instagram)などのSNSにも、 広告費用が投じられている場合も多いです。 SNS広告も、クリックされたり、表示されたりするたびに、広告主に費用が発生します。 これも、最終的にはお客様の価格に転嫁されると考えていいでしょう。

WEB広報は広告費・宣伝費が「0円」

なお、当社(WEB広報)は、広告は一斉出しません。 創業以来、広告費はゼロ円です。 逆SEO会社として、あくまで通常の検索(SEO)だけで集客する姿勢を貫いています。 広告によってお客様を集めたり、増やしたりすることは考えていません。 広告費や宣伝費が発生しないぶん、逆SEOの料金を安くすることができます。

■ 営業マン(セールス担当者)

また、逆SEOの会社の多くは、営業マンを雇っています。 この営業マンの人件費も、 逆SEOの費用に含まれて行きます。

WEB広報は営業マン「0人」

なお、WEB広報は創業以来、営業マンが「0人」です。 営業(販売促進)のために費用を投じません。 セールス活動にコストをかけません。 ホームページからの問い合わせだけで、事業を成立させています。

自社の売上よりも、サービスの質を重視

営業マンのコストを抑えることで、 逆SEOの料金を抑制することに成功しています。 営業(売り込み)活動によって顧客件数や売り上げを増やすことよりも、 なるべく料金を下げ、かつ、サービスの質(クオリティ)を高め続けることを重視しています。